契約前には保険加入の有無を確認する事

運送業者貨物賠償保険への加入

 

運送業者貨物賠償保険とは、引越し業者を始めとする運送業者が加入する賠償責任保険です。

 

 

加入は強制ではなく任意になっています。

 

一般的な運送業者の多くが加入している保険で、輸送中に荷物を破損させてしまった場合や、何らかの原因で紛失してしまった場合などに利用者へ保険金が支払われます。

 

 

他には、輸送中にトラックが事故に遭ってしまい、荷物が破損したときなどにも保証されることがあります。

 

保険は業者が加入するものですので、利用者の保険料負担はありません。

 

 

 

また、運送業者が提供している運送保険とは別物です。

 

 

運送保険とは利用者が加入する保険で、保険料を自分で支払う必要があります。

 

 

保証内容についてはほとんど変わりませんが、保証範囲が広くなっているのが特徴です。

 

 

例えば業者の保険では保証されないケースが多い美術品などの高額な家財道具でも、利用者が運送保険に加入しておけば保険金が支払われる場合があります。

 

 

業者の保険は必要最低限の保証内容にとどまっているので注意しましょう。

 

 

約款で保障内容を確認することも大切です。

 

 

任意で加入できるため、この保険に加入していない業者も少なからず存在します。

 

 

このため、引越業者を選ぶ際には保険の有無を確認することが重要です。

 

しっかりとした配送業者を探すにはこちらを参照

 

大手の引越業者ではほとんどのところが加入していますが、個人や中小の業者の場合は保険料負担の大きさから未加入の場合もあります。

 

 

契約前には、業者へ保険加入の有無について確認しておくと良いでしょう。

 

 

契約後ではキャンセル料などを取られる可能性もあるため、見積もりの段階で確認することが重要です。

 

保険未加入の業者を利用した場合、荷物が破損したり紛失しても全額弁償してもらえるとは限りません。