冷えなくなる多くの原因は、ガス漏れやコンプレッサーの動作不良

運搬後に冷蔵庫が故障した!

 

引越し後に冷蔵庫が冷えなくなってしまった場合、運ぶ際に破損させてしまったという可能性は高くなります。

 

 

しかし、破損させた現場を見ていない限り、業者が原因だとはなかなか言い切れないものです。

 

 

はっきりとした証拠が無ければ、業者も修理代金などは出してくれないことも少なくありません。

 

 

故障の原因が作業中に起きたものだと考えられる場合には、まず早めにメーカーに連絡して原因がどこにあるのかを見てもらいましょう。

 

 

冷蔵庫が冷えない原因の多くはガス漏れ、またはコンプレッサーの動作不良です。

 

 

 

ガスが漏れた場所をメーカーに特定してもらい、それが何かしらの外からの衝撃で壊れたことが分かれば、引越しの時に刺激を受けたものとしてはっきりと申し出ることも可能です。

 

 

 

もちろん故障箇所とされている場所の写真はきちんと撮影しておきましょう。

 

 

 

交渉が難しいと感じた時には消費者センターに相談してみるのもひとつの手段です。

 

 

※冷蔵庫の運搬は家電の中でも難しいので、ちゃんとした業者に依頼される事を推奨します。
もし、専門業者の中で格安業者を見つけるならトップページをチェックして下さい。

 

 

 

壁や廊下など家屋や部屋が傷付いてしまった場合は?

 

また、直接冷蔵庫の故障ではなくても、引越し中に冷蔵庫を移動している時に住居の床や壁に傷をつけてしまうというトラブルもあります。

 

 

 

ただ、この場合は冷蔵庫そのものの故障と違い、引越し業者が移動や設置の際に傷を付けたということを証明しやすいのも確かです。

 

 

冷蔵庫を持ち運んだのは引越し業者だけですから、きちんと話をして代金を請求しましょう。

 

 

その際、大家さんにも立ち合ってもらって、引越し業者と大家さんの間で直接話し合いをしてもらうのがいちばんスムーズに行きます。

 

 

保険に加入している引越し業者の方がやはりいざという時の対応がきちんとしています。

 

関連ページ:運送業者貨物賠償保険の確認

 

引越し代金は安くても保険に加入していない業者の場合は、万が一の時に補償をしてもらえないことも多いので、引越し業者を選ぶ時にはよく調べることが大切になってきます。