冷蔵庫が入るか入らないかを事前に確認する事

冷蔵庫の搬入

 

冷蔵庫だけに限らず大型家具の搬入がある場合は、事前に扉や廊下の横幅について計測する必要があります。

 

 

 

単身者ではなくご家族の場合は冷蔵庫も比較的に大型になり、特にマンションへの引越しでは玄関だけでなくエレベーターや階段なども含めて事前に計測する事になりますが、万が一にも入らないと分かった場合はどのような対処法があるのでしょうか。

 

 

 

まず1階への搬入で玄関や廊下に入らないケースでは、庭に回りガラス戸から搬入する事があります。

 

 

これは特に技術的に難しいわけではなく費用も追加される事もありませんので、1階への搬入であれば特に問題なくスムーズに運び入れる事が可能です。

 

 

 

続いて2階など上階に冷蔵庫が運び入れる際に、階段やエレベーターなどで入らないケースについてですが、

 

この場合は吊り上げに対応している業者やクレーンや高所作業車のスカイポーターが利用できる業者を選択します。

 

 

 

吊り上げとは2階に大型荷物を搬入する際に窓から人力で吊り上げる対処法で、梱包した家具に紐を取り付けて1階と2階の二手に分かれた作業員が阿吽の呼吸で荷物を搬入します。

 

 

この吊上げを単品でお願いした場合には業者ごとに価格が大きく変わりますが、1〜3万円前後がおよその目安です。

 

 

 

続いての対処法は人力ではなく機材を用いる方法で、クレーンやスカイポーターなどの作業車などを利用します。

 

 

この方法では2階以上の上階への搬入も可能で、費用の目安はおよそ3万円前後です。

 

 

 

このように冷蔵庫が入らない場合の対処法は様々あるのですが、運搬当日に問題が発覚したのでは作業が滞る事になりますので、問題を未然に防ぐためには防止策をとることが重要です。

 

 

防止策としてまずは建物の扉などの計測は引越し業者に頼む以前に行い、入らないと分かった段階で吊り上げなどに対応している業者を選ぶと良いでしょう。

 

こういったトラブルにも対応できるのは専門の業者のみです。
冷蔵庫の運搬に慣れている業者はトップページで分かります。

 

 

また扉だけでなく搬入経路の全般を計測してつっかえる箇所が無いか確認し、さらに冷蔵庫の幅についても搬入に際して幾分か余裕があるかもチェックが欠かせません。